紫外線の利点とは...

紫外線による利点は、皮膚におけるビタミンDの生成である。グラント(2002)は、UVB照射時間が短いことが、ビタミンDの欠乏を起こし、アメリカで何万もの死者が生じていると主張している。ビタミンD欠乏は、骨軟化症(くる病)を生じさせ、骨の痛みや、体重増加時には骨折などの症状を生じさせる。

他にも皮膚の疾患(例えば乾癬と白斑)の治療において、紫外線の利用が可能である。これには、311nmの波長による紫外線が効果的である。また、精神病の治療に、精神賦活薬(PUVA治療)とともに、UVA、UVB紫外線が利用される場合がある。

■紫外線を利用する。
ブラックライト
ブラックライトはわずかに眼でわかる長波長の紫外線を放射する。ブラックライトの蛍光灯は、使用される蛍光体が異なる以外、通常の蛍光灯と同じ方法で作成される。この蛍光灯では、通常白い蛍光灯が、ウッドのガラスと呼ばれる深い青紫のガラスに置き換わる。

偽造防止のために、重要な証明書(例えば、クレジットカード、運転免許証、パスポート)には、紫外線照射時に見ることの出来るマークを含むものもある。ほとんどの国が発行しているパスポートは、紫外線感度の高いインクで偽造防止の細い線が書かれている。

例えば、ウクライナのビザスタンプとステッカーは、通常の可視光の元の裸眼では見えないが、紫外線照射時に見ることの出来る大きくて詳細な紋章が書かれている。また、アメリカ合衆国により出されるパスポートは、最後のページのバーコードに沿って紫外線の感度の高い偽造防止の細い線が存在する。

Wikipediaより


ブラックライトに紫外線が応用されているなんて、初めて知りました。感度の高いインクでパスポートの偽造防止にも紫外線が役立っているのもびっくりです。
体に悪いといわれている紫外線ですが、結構 気づかない場所で役にたっているのですね。
タグ:紫外線
posted by 太陽 at 23:47 | 紫外線の利点
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。