紫外線の利点 蛍光灯

我々が普段 利用している蛍光灯。
この蛍光灯にも紫外線が利用されているのをご存知でしたか?
蛍光灯内で一度、紫外線が作られ、その紫外線を無害な光として、私達に明かりを届けているのです。
ここでは、蛍光灯での紫外線の役割りを紹介します。


■紫外線を蛍光灯に利用する。

蛍光灯は、低圧の水銀蒸気をイオン化することにより紫外線を作り出す。蛍光管の内側の蛍光物質は、紫外線を吸収しそれを可視光線に変える。

水銀蒸気の放射する紫外線はUVC領域であり、蛍光物質を塗布されていない水銀アーク灯からの放射を防備なしに皮膚や目に受けることは非常に危険である。

一般的な蛍光灯のガラスはUVC領域の透過性の悪いガラスが使われているため蛍光物質が部分的に剥がれても危険は生じないが意図的にUVC領域を放射させる事を目的とした殺菌灯は透過率が極めて優れる石英ガラスが使用されているため直視することは大変危険である。

水銀灯の光は、離散的な波長で構成されている。より、連続発光スペクトルに近い紫外線源としては、キセノンアーク灯(太陽光のシミュレータに使用される)、ジュウテリウムアーク灯、水銀キセノンアーク灯、金属-ハロゲン化物アーク灯とタングステンハロゲン白熱灯等がある。

また水銀灯やメタルハライドランプも発光管に石英ガラスが使われており外側のバルブが破損状態で点灯しているのもUVCが強力に放射されているため直視は極めて危険である。


Wikipediaより

【PR】クレジットカード ポイント
タグ:紫外線
posted by 太陽 at 23:51 | 紫外線の利点

紫外線の利点とは...

紫外線による利点は、皮膚におけるビタミンDの生成である。グラント(2002)は、UVB照射時間が短いことが、ビタミンDの欠乏を起こし、アメリカで何万もの死者が生じていると主張している。ビタミンD欠乏は、骨軟化症(くる病)を生じさせ、骨の痛みや、体重増加時には骨折などの症状を生じさせる。

他にも皮膚の疾患(例えば乾癬と白斑)の治療において、紫外線の利用が可能である。これには、311nmの波長による紫外線が効果的である。また、精神病の治療に、精神賦活薬(PUVA治療)とともに、UVA、UVB紫外線が利用される場合がある。

■紫外線を利用する。
ブラックライト
ブラックライトはわずかに眼でわかる長波長の紫外線を放射する。ブラックライトの蛍光灯は、使用される蛍光体が異なる以外、通常の蛍光灯と同じ方法で作成される。この蛍光灯では、通常白い蛍光灯が、ウッドのガラスと呼ばれる深い青紫のガラスに置き換わる。

偽造防止のために、重要な証明書(例えば、クレジットカード、運転免許証、パスポート)には、紫外線照射時に見ることの出来るマークを含むものもある。ほとんどの国が発行しているパスポートは、紫外線感度の高いインクで偽造防止の細い線が書かれている。

例えば、ウクライナのビザスタンプとステッカーは、通常の可視光の元の裸眼では見えないが、紫外線照射時に見ることの出来る大きくて詳細な紋章が書かれている。また、アメリカ合衆国により出されるパスポートは、最後のページのバーコードに沿って紫外線の感度の高い偽造防止の細い線が存在する。

Wikipediaより


ブラックライトに紫外線が応用されているなんて、初めて知りました。感度の高いインクでパスポートの偽造防止にも紫外線が役立っているのもびっくりです。
体に悪いといわれている紫外線ですが、結構 気づかない場所で役にたっているのですね。
タグ:紫外線
posted by 太陽 at 23:47 | 紫外線の利点

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。